トップページへ
新築コラムCOLUMN
HOME > 新築コラム > 住宅会社に土地探しを依頼するメリットとデメリット
2021-09-03

住宅会社に土地探しを依頼するメリットとデメリット

 

 

住宅会社に土地探しを依頼するメリットとデメリットをお伝えします。

 

家を新築にするにあたって、まず土地を決めなければいけません。

この土地の探し方ですが、今ではインターネットで簡単に情報を探すことができます。

または、近くの不動産屋さんに相談する方法もあるでしょう。

しかし、住宅会社に土地探しを依頼することもできます。

では住宅会社に土地探しを依頼することのメリットとデメリット、また土地探しをする上で注意するポイントを解説していきます。

 

住宅会社に土地探しを依頼するメリットは?

メリット1:資金計画が立てやすい

一番のメリットは総合的な資金計画を立てやすい点です。

家づくりの予算は土地、建物、その他の諸経費をトータルで考えなければなりません。不動産屋さんやご自身でインターネットで検索する場合、その土地で家を建てようとした場合、どのような費用が掛かるのかが不明確な場合があります。

全体の予算から考えた時に、その土地は予算オーバーしているのか、安く住んでいるのか住宅のオプションを調整すれば問題ないのか、そういった提案が同時にできるのが住宅会社に土地探しを依頼することのメリットです。

また住宅会社が決まったうえで土地探しをすることで住宅ローンの費用等を抑えることができる可能性があります。土地の購入を決めてから住宅会社を探すことで住宅ローンの費用がより多くかかってしまう場合が多く、また建築の詳細が決まっていないとローンを組むことが難しい場合があります。

 

メリット2:建物の希望にあった土地が見つけやすい

土地によってかかる費用や建てられる建物も条件が変わります。

場所や予算が合っていても、希望の家を建てるために広さが足りなかったり、いざ家を建てようとしたときに建築制限がかかっており希望の家が建てられないという可能性もあります。

住宅会社に土地探しを依頼すれば、希望の家のイメージをうかがったうえで実現できそうな条件の土地がどんな土地なのかを理解したうえで探すことができます。住宅会社としても土地を紹介するうえで、トラブルにならないよう詳細を調べ、土地の提案をしてくれるはずです。

 

次に実際に合った失敗をご紹介します。

あるお客様が土地の購入を決めたうえでご相談に来場されました。

土地探しをしていたときは、日当たりや道路のつき方、近隣で大きぼな建築予定があるかなど、様々な条件から理想の土地の購入に踏み切りました。

その後住宅会社を探していたのですが、土地の希望条件を重視したことで土地にかかった費用は予定よりも高いものを購入することとなりました。そして住宅会社を検討する中で希望の家を建てると予算オーバーしてしまい、どうしても建物の要望を少なくしなければならなくなってしまいました。

より理想的な土地はどうしても価格は高くなってしまいます。

ですが建物の立て方を工夫することで、日当たりの部分を解消したりそれほど広さがいらなかったりと統合してアドバイスすることができます。

これも住宅会社に土地探しを依頼する大きなメリットとなります。

 

住宅会社に土地探しを依頼するデメリットは?

ほとんどの場合、土地探しを住宅会社にしてもらい土地を購入したらそのままその住宅会社に建築を依頼することになります。そのため住宅会社に土地探しを依頼する場合は、まずはどの会社で家を建てるのか、どの会社なら任せられるのかを考える必要があります。

後からしたら住宅会社を変更できないという点ではデメリットに感じる方もいるかもしれません。

ただしこれまで見て頂いた通りパートナーである住宅会社を効けてからの土地探しの方が、総合的な家づくりで考えた時に成功しやすいのは間違いありません。

 

住宅会社に土地探しを依頼するうえでの注意点

ではどんな会社に土地探しを依頼するのが良いでしょうか?

土地は探してもらっったけど建築はやっぱり別の住宅会社にお願いするというのはなかなか断りづらいものです。

そのため土地探しを住宅会社に依頼する場合は慎重に決めなければいけません。

逆を言えば、住宅会社を見学するうえで「まずは土地を探しましょう」という住宅会社は要注意です。その住宅会社がどんな家を建てるのか、お客様がどんな家を建てたいのか、どのような予算計画なのかが不明確な状態で土地探しを依頼してしまうことになります。

理想の土地を紹介されてそのまま何となくで住宅会社が決まってしまうことがあります。それが後悔に繋がってしまうかもしれません。

きちんと住宅会社を見比べたうえで土地探しを依頼しましょう

土地が決まっていないのに住宅会社を決めるのは不安

どんな土地で家を建てられるか分からないまま住宅会社を決めるのは不安かもしれません。

住宅会社を決めてから土地を紹介してもらう方が良いと先程書きましたが、参考の土地を出してもらうことは悪い事ではありません。

おおまかな資金計画のうえで、機になる住宅会社で理想の家を建てた場合の土地にかけられる予算で土地を探した場合に場合度のエリアでどんな広さなのか?

参考になる資料を出してもらうという方法があります。

ある程度理想を叶えられそうな住宅会社が絞られてきた時点で土地にかけられる予算が見えてくると思います。

そのうえでその価格帯の参考になる土地を見せてもらうことで安心して住宅会社に土地探しを依頼することができるでしょう。

 

 

さいごに

理想の土地で家を建てることも重要ですが、あくまで理想の家づくりのためでなくてはいけません。

ご自身の理想の家づくりをするための理想の土地がどんな土地なのかを把握するためにも理想の家を実現できそうな住宅会社に土地探しを依頼するのが一番の近道です。

住宅会社に土地探しを依頼することで、プロの視点から理想の家に近い土地をご提案することができます。

また、住宅会社を決めてから土地探しを始めることで条件に合う土地が見つかり次第建築するという意思が固まります。

そうすることで良い条件の土地が出てきたときに逃すことがなくなり、住宅会社にも本気度が伝わるのもポイントです。良い家づくりのための土地探しをするのが成功の近道となります。

 

 

 

©2021 LIDGEHAUS -Shintanigumi-.