トップページへ
施工事例WORKS
HOME > 施工事例 > design casa > 時の移ろいと彩りを楽しむ住まい

時の移ろいと彩りを楽しむ住まい

間取り
面積
施工年月 design casa
備考欄

昨今、二世帯住宅を考える方は増えており、もともとある実家の土地を生かしての同居や、離れて暮らす一人暮らしの親との同居を検討するなどそのケースはさまざまです。

生活リズムの異なる2つの世帯がひとつ屋根の下でいかに快適に暮らせるか、その動線は非常に重要です。建築家が随所に込めたご家族への配慮が間取りに生かされ、心地よい距離感を実現したお家となっています。

建築家コメント

ライフスタイルが確立されたご家族が住まう家という事で、家族ひとりひとりの居場所と、そこで時間を過ごして心地のよいスペースとなるような仕掛けを施した事、ワンちゃんも家族の一員であり、奥様が家事をするのにも後ろをついてくるというエピソードをお聞きしていましたので、それもまた微笑ましくなる様な空間づくりをご提案しました。

既にお持ちの物がある場合に、どの様な思い入れがあるかもお聞きするようにしています。今回は、奥様のピアノへの想いを読み取りつつ、お子様の感性を育んでいきたい、という意思を感じましたので、かなり生活に近い位置にあるという事と、ピアノをお子様に教えている様子を想像しながら、生活のワンシーンとして溶け込みつつ、少しだけ特別感を演出するためにこの場所をステージに見立てて、1段分ステップを設けたシチュエーションにする事で、とても印象的な設えになっていると思います。

このステージを通りながらライブラリーがあって、ちょっと腰掛けて本を眺められるスペース、階段を上がって、外を眺めながら佇む事のできる外部空間、ご主人の趣味部屋へとつながっていく導線によって、生活空間自体をとても心地よく、かつ流れる音楽の様に過ごしていただけるよう構成しました。お住まいになられてご家族それぞれの物語や想い出が、時間の移ろいと共に紡がれていくのを大変楽しみにしています。

 

©2021 LIDGEHAUS -Shintanigumi-.