トップページへ
社長ブログBLOG
HOME > 社長ブログ > No.00071 オークフローリング
2021-09-29

No.00071 オークフローリング

皆さんこんにちは😃
内祝いを渡して回るときに少しだけゆっくり友達や先輩と話す機会ができて
暖かい気持ちになったシンタニです

今日はLIDGEHAUSでよく使用させて頂いている

 

オーク(ナラ)フローリング

オーク(ナラ)フローリング

ご紹介させて頂きます♪

無垢のフローリングになります✨

オークとは Oak 英語で

日本名は ナラ 「楢」

こんな木みたいですニヤリ

どんな樹種なのか

特徴を紹介します

今回はナラ(ミズナラ)についてで

ホワイトオークやレッドオークはまた今度の機会にニヤリ

メリットとしては

☆耐久性・耐水性に優れている

密度が高く、重く、硬いオーク材には高い耐久性があります。
キズが付きにくいので、フローリング材として人気なのです

さらに、耐水性に優れているので、
飲み物や水をこぼしてしまってもしみになりにくく、変質しにくいです

☆木目が綺麗

板目・・・丸太の中心部を通らずに切断したときにできる木目のことです。
山形であったり、さまざまな曲線の木目になります
1本の木から切り出せる量が多いので、価格は安いです

柾目・・・丸太の中心付近を切り出したときにできる木目のことです
直線的な美しい木目が特徴的です

ただ、柾目の場合は切り出せる位置が決まっているので
量産することができず、価格は高くなります

虎斑・・・柾目を切り出す際、木目に虎の毛のような模様が現れることがあります
なかなか手に入れることができないため、虎斑は非常に高価です

☆他の樹種に比べて伸び縮みが少ない

無垢材は湿度が高いときには空気中の水分を吸い込み、
逆に湿度が低いときには空気中に水分を放出します
湿度によって伸び縮みし、
フローリングに隙間ができたり、割れたりすることがあります

しかし、
硬いオーク材はこの伸び縮みが少ないので、無垢材の中でも扱いやすいです

☆防虫効果がある

オークにはタンニンという成分が多く含まれていると言われています
タンニンは渋柿に入っている成分で、虫をつきにくくする効果があります
ざっとこんなとこをあげることができます!

デメリットはというと

☆メンテナンスが必要

これは、オークフローリングに限ったことでは、
ありませんが無垢のフローリングである以上どうしてもメンテナンスが必要になってきます

☆熱伝導率がすこし大きい

無垢材は温かみがあり、
冬でもフローリングの上を裸足で過ごすことができると言う話をよく聞きますが、
これには熱伝導率が関係しています

柔らかな樹種は空気をたくさん含んでいるので、
熱はゆっくりと伝わります。
そのため、冬でも人の体温が奪われにくいのですが
硬くて重厚感があるオーク材は、
空気をあまり含んでいないので、熱伝導率が大きくなります

触れた瞬間体温が奪われていくので、
冬はヒヤッと感じてしまうかもしれませんが
家の性能を上げていれば問題ありません

以上さまざまな特徴があるオークフローリングですが、
僕がお勧めする理由として

飽きが来ないというのがあります

長く住み続ける家だからこそ

いつまでも皆さんにとって愛着の湧くおうちになる様にしていきたいです♪

あと、家具が映えます✨

是非また見に来てください!

©2021 LIDGEHAUS -Shintanigumi-.