トップページへ
社長ブログBLOG
HOME > 社長ブログ > No.00168 広さの感覚
2022-03-10

No.00168 広さの感覚

皆さんこんにちは😃最近は1日1食生活が続いていて夜しか食べれない(昼ごはんを食べる時間があまり取れない為)のでその夜ご飯の時に爆食いしてしまうシンタニです

ご飯食べた後にお菓子食べてラーメンまで食べてしまいます(笑)

今日は広さの感覚について紹介します

突然ですが、この写真のリビングは何畳あるように見えますか?

これをパッと見ただけで 〇〇畳!と答えられた方は素晴らしい空間把握能力の持ち主です✨

僕は答えられません(笑)

ただ、見た感じにこのリビングが広く感じるか狭く感じるかはすぐにわかります✨

皆さんはこのリビングが広く感じますか?

それとも狭く感じますか?

何が言いたいのかと言うと

よく「リビングは〇〇畳ほしい!」

など部屋の大きさについてヒアリングの中でお伝えしていただくことがあるのですが、この畳数を正確に捉えることが出来る人ってかなり少なくて、20畳ぐらいのリビングでも空間の取り方次第で25畳に感じたり17畳ぐらいに感じたりします

この時の尺度というのはどこかのモデルハウスを見に行ったときに、このリビング何畳ですか?

みたいな質問をして帰ってきた答えによって作り上げられる物なので

例えば見に行った物件が実際の畳数以上に広く見えるテクニックなんかを使って20畳と紹介すると

紹介された方は

「20畳ってこんなに広いんだ!」

っておもいますが、かたや余計なものが置いてあったり動線が悪かったりすると25畳ですと紹介されても

「25畳って案外狭いな….」

みたいなイメージになってしまいます

それくらい畳数の間隔は人によって様々なので

その数字をもとめるのではなく

住む人が、適正だと感じる広さを創ることが何より重要です

なのでヒアリングの時に

「リビングは何畳ほしいですか?」みたいな質問をLIDGE HAUSですることはありません✨

「リビングでどんな生活をして、何をしている時が1番くつろげるとおもいますか?」

みたいな、暮らしが想像出来る質問をさせて頂き皆さんに未来の生活をより具体的に考えてもらいます✨

そんな暮らしの提案をさせて頂いています照れ

©2021 LIDGEHAUS -Shintanigumi-.