トップページへ
社長ブログBLOG
HOME > 社長ブログ > No.00183 C値
2022-04-15

No.00183 C値

皆さんこんにちは😃背中の痛みにビビっているシンタニです

下手にネットで調べたりすると余計に不安を煽られますね

まあ、多分肩こりから来てると思いますがニヤリ

今日は住宅の性能に関わるC値について紹介します

C値とは

住宅における相当隙間面積のことです

建物全体にある隙間面積(㎠)を延床面積(㎡)で割った数値で、建築した建物の気密性能を指標として用いられています

要するに家にどれくらい隙間があるか?を表す数値です

表す指標としては現段階では

2.0〜0.1の数値で表されます

この数値の意味ですが

例えば100m2のお家があったとしてC値が2.0だとするとその家の隙間面積は200cm2

ハガキの大きさが150cm2ぐらいなので1.3枚分くらいですね

気密性能を表す指標として使われてます

気密性が低いと冬は暖房をつけても

温かい空気が屋根から外に漏れ、漏れた分冷たい空気が家に流れ込み、足元が冷え不快感はさらに増していきます夏は蒸し暑い外気が入り、エアコンをフルパワーで使用することになり、電気代に影響します

省エネにも影響しますニコニコ

なのでなるべくこの値が低い方が効果的という事で

LIDGE HAUSの標準C値は0.5となってます

過去最高記録はなんと現段階での最高数値

0.2!!

この数値だと100m2の家で隙間はなんと

20cm2 

ハガキ0.13枚分です

ここまで気密性を高めると

壁内の結露を抜群に抑えて換気効率化し嫌な匂いを防ぐことができ僕の嫌いな花粉の侵入を防ぐ事が出来ます!

このC値にはまだ法的な基準はありませんが是非気にして見てみてくださいおねがい

©2021 LIDGEHAUS -Shintanigumi-.