トップページへ
社長ブログBLOG
HOME > 社長ブログ > No.00085 資金計画 附帯工事編
2021-10-15

No.00085 資金計画 附帯工事編

皆さんこんにちは😃昼ごはんを食べている途中で我慢できないくらい眠気が襲ってくるシンタニです

多分18時間食べていないので一気に胃に神経が集中してるんだと勝手におもってます(笑)

今日は昨日の続き

「資金計画 附帯工事編」

です

附帯工事?あまり聞き馴染みの無いワードかも知れませんので少し説明を
「付帯工事費」とは、本体工事費用に対して、
別に必要となる工事費用のことです

 本体工事に含まれないものとして、
塀や門扉といった物の他、
車庫や外構工事が代表的なものとして出てきます

空調工事やインテリアといったことがオプション工事になっている場合には、
これも付帯工事費に入る場合もあります

その中で特に関係性のある項目をご説明していきます

「上下水本管取出工事費」

こちらは

上水とは飲用に使える綺麗なお水で
主に道路の地中に配管されてます

家を建てる上で水は必ず必要で
皆さんが家を建てる土地に引き込んでおく必要があります

分譲地などは最初からこの工事が施工されており
量水計が敷地内に設置してありあとはそこに建物からの配管を繋ぐだけでいいのですが
田んぼから造成した土地
やもともと宅地として使用用途のなかった土地にはこれが施工されていないので
道路を掘って配管を取り出し土地の方へ引き込む必要があります

下水(お風呂、洗面、トイレから流れる水を受ける配管)も同じです

そしてそれに伴う

「メーター加入金」

引き込んだだけではつかえないので使ってもいいですよ!と
許可を頂く(市町村)ためにお金を払う必要があります

「合併浄化槽」

こちらは主に下水の本管が接道にない場合

下水の処理をしなくてはいけないので敷地内に
下水を浄化できる層をつける必要があります

「外構工事費」

カーポート 植栽 アプローチ 門 塀 その他外部に
設置する部分にかかる費用のことです

「地デジアンテナ工事費」

こちらは地域によってケーブルテレビ、
光テレビが来ていないところはアンテナをつけないとテレビを見ることができません

「インターネット接続費」

今では住宅にとっての必需品とも呼べるインターネット工事

こちらも家に引き込む必要があるため工事費がかかります

プロバイダーにとっては格安のところもあるとおもいます✨

ざっと挙げることのできるのはこれくらいですが
庭にプールをつけたい!

ドッグランをつけたい!

など建物に付帯する工事にはこのような費用がかかってきます

明日は 

「諸費用」

と呼ばれる部分について紹介したいとおもいます!

写真は全然関係ありませんが、この前食べた豚丼を載せておきました(笑)

©2021 LIDGEHAUS -Shintanigumi-.